① 弁護士にしかできないこと

紛争が生じた場合に、紛争相手との交渉や仲裁、調停・審判・裁判の代理人になれるのは、一部の例外を除き弁護士しかできません。

 

弁護士が持っている他の士業にはない強みは、離婚で相手方とトラブルや争いが起きた場合、交渉や仲裁、調停、審判、訴訟を本人の代理人として、本人に代わって、本人がいなくとも直接相手と交渉したり、話したり、その場に行ったりすることです。

例えば、離婚協議書の作成は、行政書士、司法書士もこれを支援してくれますが、離婚条件をめぐって争いが起きた場合、離婚協議の交渉、離婚調停・審判、離婚訴訟の代理人には、弁護士しかなることができません。

弁護士が代理人となることで、依頼者は、今まで対立していた相手方である配偶者と直接面と向かって交渉する必要がなくなり、精神的苦痛・心理的負担を大きく軽減できます。
また、法律の専門家である弁護士が法的根拠を示して話すことにより、相手方が今までは全く納得しなったのに突然納得したり、トラブルや争いが沈静化するケースもあります。

弁護士というと、一般には紛争が生じた際に、裁判を起こして、法廷で戦うイメージがあり、敷居が高く感じられるかもしれません。
しかし、離婚に関しては特に、裁判など大きな紛争に発展する前に、法律の専門家である弁護士のアドバイスを受けて解決できてしまう場合が多いといえます。また、書類の作成においても、法的に間違いのない書面を作成できるため、後々のトラブルを未然に防ぐことができます。

もちろん、普段ちょっと気に不安に思うことなどを気軽に相談したりすることも可能であり、あなたの離婚を総合的に全て支援できる唯一無二の存在です。

 

② 弁護士に依頼する最大のメリットは「安心」

弁護士に依頼をした場合、弁護士は、あなたの最も心強い味方となって、あなたのために尽力します。

また、有利な条件で離婚するには相応の準備と知識と行動が必要です。
準備を周到にすればするほどスムーズな離婚ができます。
具体的な準備の第一歩は、親身に相談に応じてくれる経験豊富な離婚弁護士に相談することから始まります。

加えて、ドメスティックバイオレンス(DV被害)、モラルハラスメントなど相談者様の体や心の安全を脅かす問題、住宅ローンや負債、保証人の問題などマイナスの財産の処理の問題、年金分割・公的扶助・戸籍と姓など社会制度や法制度と関わる問題など、離婚問題は、夫婦を取り巻く環境により、多種多様な問題が絡み合います。
そのような複雑な問題を有利に解決するには、離婚問題に特化し、専門的に扱っている法律事務所に相談するのが一番の近道です。

 

③ 当事務所の強み

当事務所は、弁護士・司法書士・行政書士の資格をもっており、誰に相談していいかよくわからないといったことはなく、とりあえず、何でも相談できる総合事務所です。
また、今までの経験から夫婦・男女関係のトラブルの「精神上のケア」から、財産分与された不動産の名義変更(所有権移転手続き)などの「登記手続き」、財産分与後の「行政手続き」きまで、総合的に支援させて頂きます。

ご相談者様が抱える問題の一つ一つをワンストップで解決できるよう、丁寧・かつ迅速にご対応致します。

 

紛争が生じてから裁判で相手方と争うだけが弁護士の仕事ではありません。

単なる事件の「解決屋」で終わることなく、紛争状態が長期化したり、そもそも紛争が生じる前に、少しでも有利に、解決できる策をご提案します。

 

初回の無料相談であなたにとっての解決の道筋を探します

当事務所では、初回の無料相談は無制限であり、時間を気にせず、たっぷり時間をとっております。離婚に際し、現状どのような問題点があり、それに対するどのような交渉方法があるか、弁護士をつけた場合は何ができるのかをわかりやすくシミュレーションしながらご説明します。離婚成立までの大まかなスケジュールもその場でお伝えできますので、解決に向けた道筋が見え、ご自身がこれからしなければならない事がよくわかるとご好評をいただいています。

費用についても、当事務所では離婚専門の報酬規程を設けておりますので、依頼した場合に支払うことになる金額も迅速かつ明確にご提示することができます。つまり、当事務所の無料相談はご相談者さまへ、弁護士へ依頼するかどうかの判断材料をすべてお渡しできるのが特徴です。

 

共に目指すべき解決目標を考えます

離婚の際に何を優先とするかは人それぞれ違います。

とにかく早く離婚を成立させたい方、慰謝料や養育費をたくさんとりたい方、親権をとりたい方、まさにそのご相談者の方々によって千差万別です。当事務所では、依頼者がどういう離婚の仕方をしたいのか、ときにはご本人の中でも明確になっていないところにまで踏み込んでお話をさせていただき、一緒に優先事項や目標を設定し、解決へめざします。

 

そして、できる限り早期的に解決できるよう、尽力致します。話し合いで解決できない場合や裁判をご希望の方には、お望みの結果が出せるよう、最大限の努力をいたします。

 

各専門家との強力な連携体制によるワンストップサポート

自宅を所有している夫婦の離婚時には、財産分与のために住宅を売却して、金銭に換価することやその際に自宅の査定を取ったりすること、自動車を売却し、ローンを完済することなどを行う必要がある場合があります。また、住宅ローンの借り換えやローンを新たに組み直すための融資の申請など、銀行との交渉や打ち合わせが必要になってくる場合もあります。さらに、これまでの保険を見直して、保険に入っていなかった妻が新しく保険に入る場合などもあります。

このように、離婚には思いのほか様々な業種・企業とのやりとりが必要となり、専門知識のない方には何からどう手を付けて、調べたらいいのかよくわからないという事態が良く生じるといえます。

当事務所では、弁護士、司法書士、行政書士での解決した実績を踏まえて、不動産業者、銀行、保険会社などに加え数多くの企業と取引実績があります。事件解決及び相談者の方の有益に資するため、強力な連携体制で、離婚成立まではもちろん、その後の人生設計を再構築するお手伝いをすることができます。